akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

スズランの赤い実

猫の額庭のスズランの赤い実の紹介です。

 スズランの果実 ご存知のようにスズランは全草に毒がある植物で、勿論
この実も有毒です。誤って口に入れないようにご注意を!

咲いた花に比べて、実はわずか。 実付が悪いのもスズランの特徴。可愛い実ですが有毒なので・・・

〈参考〉4年前のスズランの花 「君影草」の呼び名もあるほど可憐で清らかな人気の花

満開の吉祥草  “吉兆”を待ち望んでいます!
猫額の庭の草花を愛でているこの日常が吉兆・幸せなのかも!




奈良公園の鹿


雄鹿の発情期に合わせての「奈良公園での観察会」、“奈良公園の鹿”が“野生の鹿”であることを再認識しました。

サンちゃん鹿(3歳の雄鹿) “角切り”を免れた鹿ですが、この角は来年の4月になると自然に脱落して、また新しい角が生えてきます。

発情期の雄鹿(角切りされている) 泥浴びをして泥まみれで、雌鹿にアピールするようです。角がなくても堂々とした風貌?は“野生”が感じられます。

雄鹿同士の角突合せ  角切されて角が無くても“角突合せ”の戦いで力比べ

イラクサ(刺草とも呼ぶ) 茎や葉には、ギ酸を含んだ細かい棘がぎっしり生え、この棘が刺さると長い間しびれたようになり痛みが続く。鹿に食べられないように「奈良公園のイラクサ」は進化したようで、刺された時の痛さは有名です!鹿の不嗜好植物です。

観察会の帰路の夕日  鹿も私たちも懸命に生きています!



奈良公園の紅葉

奈良公園での“鹿の生態”観察会に参加しました。奈良公園は正倉院展の開催期間中、休日、行楽日和などが重なって大変な人出でした。お目当ての鹿たちもどこかへ避難したようで?数が少なかったです。
青い空の下で、一際映えていた南京黄櫨の紅葉を中心に奈良公園の黄・紅葉を紹介します。

南京黄櫨の紅葉の下を行く 

飛火野 (南京黄櫨の紅葉がアクセントカラーの飛火野)

南京黄櫨(ナンキンハゼ)
 “南京”の名が示すように中国原産の落葉高木です。紅葉が美しいので、公園や街路樹などに植栽されています。“ハゼ”の名がついていますが、“ウルシ科のハゼノキ”の仲間ではな
く、トウダイグサ科の仲間です。

南京黄櫨の紅葉と熟した果実
果実は熟すと、黒い果皮が3つに割れて、中から白いロウに包まれた種子が顔を出します。この白いロウ成分はロウソクの原料として、種子は油に利用されていたと、以前に教わったことがあります。たまにロウや油を取るために植えられたナンキンハゼの林をを目にすることがあります。

銀杏の黄葉

九重桜の紅葉    4月に桜花を観た九重桜