akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

駅に法隆寺金堂の壁画が再現

最寄りのJR法隆寺駅に、あの「世界遺産・法隆寺金堂の壁画」の一部が再現されたのです!
この壁画は、1949年(昭和24年)1月26日の火災で(〝飛天″を除いて)焼損し、後に再現模写されたもので、法隆寺金堂に展示されているものを再現。(この火災がきっかけで「文化財保護法が制定された)


今年が「聖徳太子1400年御恩忌」にあたるのに合わせて、斑鳩町観光協会が法隆寺駅の通路に再現したもの。
「駅に来られた方たちに、再現壁画を見て法隆寺をイメージしてもらいたい、聖徳太子のことも思い出してほしい」(除幕式に参加した法隆寺管長の談話)


約5年間は展示予定とのことなので、近くに来られた時にはぜひ立ち寄りください!


JR法隆寺駅(壁画は2階の通路の壁面に展示)

法隆寺駅の南北自由通路の、改札口の正面に「法隆寺金堂壁画」の再現


上段:飛天(小壁の飛天は解体修理のため取り外されていたので火災を免れた)
左側:半跏形菩薩像
右側:阿弥陀浄土図

左側:聖観音菩薩像
右側:文殊菩薩像



~さびしかった私の庭に花が咲いた(^^♪~


黄梅(オウバイ)  
毎年、旧正月の頃に咲く花   原産国の中国では「迎春花」と呼ばれているとか
「梅」の名がつくが、モクセイ科。モクセイ科でも残念なことに香りはないです。


寒咲きアヤメ    初夏に咲くアヤメよりは背丈が短い


ヒマラヤユキノシタ    丈夫で寒さに強い

クサボケ   咲き始め


立春を過ぎて、少しずつ日も長くなり、気温も行きつ戻りつしながら、緩やかに暖かくなってきているこの頃です。



〝春″探し

歯科治療のためここ数日間、巣籠状態で静養していたが、やっと顔の腫れや痛みが治まってきた。
天気も良いので、デジカメと双眼鏡をお供に1時間ほど近所を散歩した。


どんな〝春″が見つかるかな?

散歩コースの田園風景

道路に面した、田んぼの端っこには 蓮華草がちらほらと咲いている

レンゲソウ(蓮華草)   別名はレンゲ、ゲンゲ(紫雲英)とも呼ばれる
小さな花が7~10個集まって輪状に咲く様を、仏像を安置する〝蓮華座″に見立てて〝レンゲ″の名に、それが〝ゲンゲ″になったとか・・・
以前は緑肥として栽培され、田んぼが一面が蓮華草に埋め尽くされる風景が目立った。
蜜源としても利用(蓮華蜂蜜)


小学1年生の入学したての授業で、蓮華草の田んぼ(狭い小さな田んぼ)の中で、蓮華草の数を数えた・・多分に算数の勉強?が懐かしい思い出。(故郷は東シナ海に浮かぶ離島で、生徒数が少ない分教場、全員が就学前教育は受けていなかった)


ツクシ(土筆)    土筆の赤ちゃん
ご存じのように、ツクシはスギナの胞子茎。成長して胞子嚢穂から胞子を放出するにはも少し先になりそう。「早く暖かくなってほしい!」そんな声が聞こえてきそうな・・・


土手に桜並木のある小さな川べりでは

モズが桜の木に(双眼鏡で確認し、デジカメで写す)

キセキレイ(デジカメなのでこれが限界) 
このキセキレイは川の上流域に、ハクセキレイは下流や空き地などの開けたところに、セグロセキレイは川の中流域にと棲み分けているらしい。
たまにしか見かけないキセキレイなのでうれしい!(よく見かけるのがハクセキレイ、セグロセキレイは時々)


アオサギ(ボーッとしてなんとなくユーモラスな・・・)



馬見丘陵公園での出会い

〝春を探し”に出かけた馬見丘陵公園で、野鳥や植物だけでなく、人との出会いが・・・


公園館前の広場に 何かのサークル?と近寄ってみると

水仙の花の構造のレクチャー
グループの輪の外にいるとどうぞ入ってくださいと、混ぜてもらう


水仙(スイセン)の白い花弁は外側3枚はガク、内側3枚は花弁 中の黄色は福花冠
中心の雄蕊6個(長い雄蕊3個、短い雄蕊3個) めしべ1個
水仙は何科?の質問に  (スイセン科?ユリ科?の答えもあり)ヒガンバナ科


勉強になりました!


今日の観察会のテーマは〝冬芽″
資料まで用意して説明している。(私はもらっていないけど・・・)

ハンカチノキの冬芽


1時間ほど同行させてもらい、今にも雨が降り出しそうなので、リーダーに挨拶をしてグループと別れる。
頂いた年間計画表によれば、月1回の観察会(主に奈良県内)を行っていて予約なしで参加できるサークルとのこと。面白そうだが、第一木曜日は他の習い事と重なり都合が悪い。
残念!


帰り道の倉塚古墳でバーダーが・・・
前回はルリビタキだったが・・・今日は何?
「ニシオジロビタキ」と教えてくれる。
聞きなれない野鳥の名前。ヒタキの仲間だろう?
「オジロビタキとは別の種だよ」とも教えてくれる。
後でネットで検索してみることにして、ジッジッリィーの鳴き声を追いながら
デジカメ(恥ずかしながら)で撮影


デジカメで撮影した「ニシオジロビタキ」

ニシオジロビタキ(知人の画像を借用)


オガタマノキ   日当たりの良い、枝先には白い花が数輪咲いていたが、手が届かないので、花の香を嗅こともかなわず・・・いい香りがするのに・・次回の楽しみに。