akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

広島大仏と祈りのつどい

8月5日の今日は広島原爆記念日、我が町でも広島にゆかりのある、広島大仏平和祈念式典が行われました。
2011年に町内の極楽寺にまつられている阿弥陀如来像が、戦後、広島市で原爆犠牲者を弔うために原爆ドーム近くのお寺に安置されていた「広島大仏」であることが判明し、毎年8月5日、6日に平和を願う法要と式典が行われています。今年は8回目です。
昨夜の平和の祈り、安燈会を紹介します。

広島大仏(阿弥陀如来像)  
原爆ドーム近くに安置されていた後、長い間行方が分からなかったそうですが、
縁あって我が町・安堵の里へ

牡蠣船が浮かぶ原爆投下前の広島市内  
昨夜上演された「ねこじゃらしの会」の紙芝居「大仏様のお引越し」から

よそから広島に大仏が迎えられた

平和のシンボルとして商店街をパレード   記念切手や絵葉書が発行されたそうです

原爆ドーム近くのお寺に安置され、100万人もの人がお参りに訪れたそうです

平和公園工事などの関係でまたまたお引越し
そのあと半世紀ほど行方不明。   縁あって我が町の極楽寺に(最初の写真へ)

極楽寺境内の安燈会    平和の祈りを込めた灯りが、町内の太子道沿いの飽波神社や旧役場跡地などに灯され、“祈りの回廊”になります。(毎回点灯のサポーターとして参加するのですが、今年は体調不良で不参加でした)


8月5日の祈りのつどいには、毎年小学6年生の「広島レポート」(平和学習の取り組み)の報告も行われています。



夾竹桃

連日の暑さで少々夏バテ気味。遠出を避けて、近所を歩いてみました。
近くの公園で夾竹桃の花を見つけました。
ご存知のようにこの夾竹桃には、経口毒性があるために、子どもの集まる公園や校庭からは姿を消しつつある植木です。
一方、乾燥や公害に強いことで高速道路沿いや街路樹などに利用されてもいます。
原爆投下された広島では、75年間は草木も生えないと云われていたのに、いちはやく花を咲かせて、被災者を勇気づけた、復興のシンボルの花で「広島市花」となっています。
もうすぐ「8月6日の広島原爆記念日」がやってきます!

夾竹桃は桃色、赤色、白色などの花色や斑入りの葉の品種があります。
名前の由来は葉が竹に似て、花が桃の花に似ていることからついたそうな。

淡いピンクの夾竹桃 

毒性があるので“魔除け”になるのかな?
庭の植木として植栽されているのを時々見かけます。


猛暑・炎暑・酷暑に耐えて

連日の暑さです!
猛暑・炎暑・酷暑など表現されていますが、シニアの我が身には応えます。
クーラーの効いた部屋で静かにこの暑さをやり過ごしています。
健気にこの暑さに耐えている果樹や野菜、花の紹介です。

キーウイ  猫の額庭のフルーツ棚のキーウイがこんなに実を付けました。
沢山の実を付けたので、枯れる前触れではと心配です。この暑さで、葉をくるんと巻いて、次々と落としています。葉を落として“暑さから実を守る”キーウイの戦略ですね。あっぱれです! 朝夕、根元にバケツで水遣りして応援しています。

収穫できそうな大きさになっていますが、まだまだです。
晩秋の収穫時の大きさですが、中身は成熟途中。あわてて収穫しないように・・ご用心!


ブドウ(巨峰?) フルーツ棚のキーウイと同居
植えて30年ほど経つのに、一向に株は大きくならず、実が成ったりならなかったり・・
今年は数房実を付けました!収穫が楽しみです。

A3サイズの菜園  キューリ3本収穫、ミニトマトはまだ1個も実を付けず・・・

待望の初生り茄子   朝夕水遣りをして大きくなるのを待っています。
好物の焼きナスにして食べたいな!

紅葉芙蓉(モミジフヨウ) 近所の菜園の片隅で
深く切れ込んだ葉がモミジの葉に似ていることからの名前。
芙蓉の園芸種。“紅一点 花を添えます!!”