akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

「胡椒の木」と「花の木」

先日サークルで京都植物園に行って来ました。観察した中で印象に残った“コショウノキ”と“ハナノキ”の花です。

胡椒の木  沈丁花の花によく似ています。それもそのはず沈丁花と同じ仲間です。
果実は初夏に赤く熟し、辛いことから、“胡椒”の名前がついたとのこと。山野の自生し、たまに見ることがあります。(深山樒と間違いやすい)

昨年のこの時季の観察会では「コショウボク」の名札が下がっていました。コショウボクとはウルシ科で香辛料「ピンクペッパー」の採れる木のことなので、まったく別の植物。
間違っている!植物園に確認の電話を入れましたが、その時ははっきりした返事はもらえませんでした。1年後の今、ちゃんと「正しい名札」がかかっていました!

花の木  葉が開く前に咲く紅色の花がよく目立つことからの名前。カエデの仲間
愛知県北部や岐阜県東南部など限られた地域に分布し、自生種は少ないようです。
雌雄別株だそうですが、この大木は雄株?

花の木の紅葉 一昨年の秋の“同じ花の木”の紅葉の落ち葉
花の木はカエデの仲間なので紅葉も綺麗です。


畦道で見つけた花

草花を探しに近所の畔道を歩いてみました。
その“撮れたて草花”の紹介です。

ツノミオランダフウロ(ナガミオランダフウロ)
南ヨーロッパ原産の外来種です。 数年前友人に同定を頼まれ、調べたのがきっかけで名前を知りました。それが一か所だけ近所の畔にも咲いています。

赤紫色の五弁花で綺麗な花です

ツノミのオランダフウロ(ナガミのオランダフウロ)の果実
“角実”や“長実”の名前の様に果実は“長ーい角”みたいです

白花の仏の座
先日仏の座は紹介しましたが、畦道の一画だけホトケノザに混じってこの白花が咲いています。今年は白花株がかなり増えています。刈られたり踏まれたりしているのに、たくましいです。

紅白で並んで咲いている仏の座
白花は突然変異? 白花の株は増えていますが・・・


大発見したみたいな嬉しさです!




猫の額庭の春

庭の春の花を紹介します。
毎年この時季に春を告げるように、花を咲かせています。

支那実桜  5月の初めにはサクランボ(桜桃)ができる実桜です。
      今年は花が少ないので、サクランボの収穫は期待できません。


支那実桜に数匹のミツバチが蜜を求めて訪れています

春蘭   野生欄の一種で、今でも山野には自生種を観ることが出来ます。
もちろん園芸種もあります。これは30年前に一株頂いたものです。
下向きにさくので、写真がうまく撮れず、赤い紋斑の入った唇弁花をお見せできないのが残念!

寒咲きアヤメ  初夏に咲くアヤメよりは背丈も短く、花色もおとなしいです。
寒ボタンで有名な石光寺で1株買ってきたものが、こんなに増えました。

桜花月(“金のなる木”と呼ばれる多肉植物の仲間)
 “金のなる木”は数鉢あるのですが、なかなか花が咲いてくれません。
一昨年買い求めたものです。冬の間は防寒のため室内で育て、あたたかくなったのでやっと、戸外へ出しました。春の陽ざしを浴びて気持よさそうです。