akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

高野箒と秋丁子

里山歩きのお決まりコース・松尾寺への参道の山道で出会った秋の花を紹介します。

高野箒(コウヤボウキ) 草にみえますがれっきとした低木です。1年目の枝先にだけ花をつけます。

 高野箒の花  淡紅色の花弁がクルリとまいていて、チャーミングな花です。
かって高野山では、弘法大師が人の心を惑わしそうな竹を植えることを禁じたため、竹箒の代わりにこのコウヤボウキの枝を束ねて、箒にしたことからついた名とのことです。

秋丁子(アキチョウジ)の花  青紫色の筒型で胴長の花、口唇をチョコット開いているような咲き方がユーモラスな花。「秋に咲く“丁子”に似た形の花」からついた名前。


山歩きのご褒美

いつもの法隆寺裏手の里山・矢田丘陵を歩いてきました。いろんな秋の草花や木の実が観察できました。常に、視覚・嗅覚・聴覚・触覚・味覚の五感で観察するように心がけています。今回は特に味覚で観察した、美味しい木の実を紹介します。

 アケビ   
実が開くので「開け実(アケミ)」、それが転じて「アケビ」の名に。
九州の故郷の島では、アケビは自生していなくて、同じ仲間の「ムべ(熟して実は開かない)」だけでした。
果肉はタネが多いですが、甘くておいしかったです。


栽培もされているようで、お店の店頭に並んでいることもあるようです。果皮も料理の食材に利用できるようです。

 樹木にぶら下がっている蔓性のアケビ   

ナツハゼ    ブルーベリーのような実を付ける落葉低木
小粒ながら甘酸っぱくて美味しい!

イヌビワ(別名:イタビ) 雌株の実 
果実から蜜が流れ出ている。小粒ながら仲間のイチジクのような味わい。「イタビ」は懐かしい故郷の味がする。めったにお目にかかれない雌株の実に出合えてラッキー!

イヌビワ  雄株の花(花は、イチジクと同じ様に花のうの中に入っている)
実が熟しても、イヌビワコバチが寄生していることもあり、食に適さないし、食べてもまずい!ほとんどが雄株で、雌株にはあまりお目にかかれません。


むかごご飯

“秋の山の幸”として人気のある“山の芋(自然薯)”今回は芋でなく葉の腋につく「ムカゴ」を紹介します。

 庭に毎年勝手に生える山の芋のむかご

 山の芋(雌株)の3つの翼がある果実とむかご

 むかごご飯(観察会で拾ってきた柴栗も入っています)
庭にできたむかごに観察会で採取したむかごと柴栗を加えて作りました。
自然の恵みに感謝し、自分の料理の腕前に自画自賛しながら、おいしく頂きました!