akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

姫蔓蕎麦(ヒメツルソバ)

     万博記念公園で咲いていた姫蔓蕎麦
 ピンクの小さな花が球形に集まって咲いている様が愛らしいです。
故郷でこの時季によく見られる「蔓蕎麦」に似ていて、葉形や草姿がそれよ
り小さいので、「姫蔓蕎麦」と名付けられたとか。花の色はこちらの方が
綺麗ですが、ツルソバの様に“食べられる実”が付かないのが残念です。
 もともとは明治中期に入ってきた園芸種ですが、最近は野生化して空き地
などで見ることがあります。ヒマラヤ原産のミゾソバと同じ仲間のタデ科で
す。我が家の庭にもいつの間にかチャッカリと住み着いています。


椋の木(ムクノキ)の実

        椋の木の実
甘樫丘での観察会で椋の木の実を食べました。甘くて濃厚な、木の実とは
思えないほどの美味しさです。仲間の一人から「干し柿の味がする」との声
が・・・なるほど“干し柿の味”です!
 甘樫丘にはいたるところで椋の木が目につきます。この美味しい木の実は
鳥にとってもごちそうなのでしょうね!?あちこちに椋の木が見られるのは
実を食べてタネを散布してくれる鳥のお陰かも!?
 ゆっくり椋の木の実を味わいたかったのですが、グループ行動なのでそう
はいかない!後ろ髪をひかれる思いで通り過ぎた。
 



甘樫丘のあちこちで実を付けている

一人観察会Ⅱ(高野箒と藪柑子)

      高野箒の花
 道中では花を付けている高野箒(コウヤボウキ)の群落に出会った。淡い
色の花なので目立たないが、良く観ると細い花弁がくるりとなって可憐です。
 名前は高野山には竹がないので、竹ぼうきの代わりにこの高野箒の落葉し
た枝を束ねて“箒”を作ったことからこの名がついたそうです。

     藪柑子(別名:十両)の実
 道脇で“正月の縁起物”植物の一つの藪柑子(ヤブコウジ)も見つけました。
参考までに“正月の縁起物”を紹介しますと~マンリョウ(万両)、センリョウ
(千両)、カラタチバナ(百両)、ヤブコウジ(十両)、アリドオシ(一両)
~です。縁起物として扱われた経緯から古典落語「寿限無」の中にも~やぶ
らこうじのぶらこうじ~と登場します。古くから人々に親しまれ、身近な存
在だったのですね。