akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

近所を歩けば・・・

昨日の大阪北部の余震が続いています。幸い被害はありませんでしたが、怖いです。
気晴らしを兼ねて久しぶりに近所を散歩しました。

露草(ツユクサ)  早朝に開いて午後からは閉じる半日花で、朝露が似合う花です。
奈良・平安時代には花汁をつけて染めたことから、“つきぐさ”と呼ばれそれが“ツユクサ”になったとか。
この写真ではわかりづらいですが、花弁を包む“苞”の形から“帽子花”とも呼ばれています。
“大帽子花”は露草の栽培変種で、その花弁の汁から作った「青花紙(あおばながみ)」は今でも旧友禅の下絵に用いられているとか。(青い色の花汁で染めても、水に浸すと色落ちしてしまう性質を利用)。滋賀県草津市中心にした湖南地方で栽培されていて、草津市の「市の花」にもなっています。

常磐露草(トキワツユクサ)
南アメリカ原産の外来種で昭和の初めに移入されたものが野生化したもので繁殖力が旺盛。我が家の庭にも繁茂。
名前の様に常緑で、良く観れば白い3枚の花弁と雄蕊の黄色い葯が可愛い。

姫女苑(ヒメジョオン)とベニシジミ蝶

ナミアゲハ蝶 


地震などの自然災害は怖いですが
身近な自然の草花や昆虫は心を癒してくれます。     


庭の木花

梅雨の晴れ間は洗濯日和、気持も晴れ晴れ!
猫額庭の木花の紹介です。

小紫(コムラサキ) 落葉低木
紫の実の美しさを「紫式部」に例えた名前と言われる。実生で育てたものですが、繁殖力が強く、あちこちに広がり困っています。たくさんの実を付けることが一因かも。

白式部(シロシキブ) 落葉低木
別名を白実小紫(シロミノコムラサキ) これも知人に分けてもらった実から育てたもの
名前の様に白色の実が付く

下野(シモツケ) 落葉低木
江戸時代、もしくはそれ以前に下野(栃木県)の国で発見されたことからの名前
近所の方にに一株分けてもらったもの
これは園芸種ですが、同じ仲間で野生で白花の「イブキシモツケ」を4月の武田尾観察会でよく見かけます。



紋白蝶の幼虫

今年も鉢植えの葉牡丹に紋白蝶が卵を産み付けたようで、幼虫(青虫)を見つけました。
お正月用に買った葉牡丹は、毎年花が咲くまで育てています。紋白蝶が卵を産みに来てくれるのが楽しみで・・昨年は幼虫を蝶の観察会に提供しました。
今年は自分で飼育してみようと思っています。

葉牡丹の紋白蝶の幼虫
葉牡丹は紅、白、ピンクなどと鮮やかな葉を観賞する園芸種ですが、アブラナ科の野菜でキャベツの仲間です。

モンシロチョウの幼虫はどこかな?
白妙菊の上の方のトウが立っている葉牡丹の茎にいます。

紋白蝶の幼虫を飼育してみることにしました!
これから幼虫は大きくなって、蛹になり、やがて羽化し紋白蝶になるはず。
どれくらいかかるのかな?たのしみです!
羽化した紋白蝶を紹介できるといいですが・・

《参考》 紋白蝶(モンシロチョウ)近所の菜園で本日撮影の写真