akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

酔芙蓉と彼岸花(赤・黄・白)

我が家の酔芙蓉と黄色い彼岸花(鍾馗水仙)は例年より2週間ほど遅れて開花。
特に彼岸花は報道されるほど今年は遅いようだ。
今日は
≪★酔芙蓉の花色の変化  白色⇒薄ピンク⇒濃いピンク⇒翌日は凋む(落下)
★三色の彼岸花(赤・黄・白色)≫の紹介です


 1日目(7時40分)酔芙蓉(スイフヨウ)
八重咲きの園芸品種が多いが、我が家のは一重咲き
朝開いたとき花弁は白色⇒昼過ぎにはピンク⇒夕方には紅色に変わる。
この色の変化を“酒の酔い”に見立て“酔芙蓉”の名前が付けられた。

1日目(11時27分) うっすらとピンク色に色づき始めた

1日目(12時55分) 正午を過ぎるとピンク色に

1日目(16時20分)  濃いピンク色になり花弁は閉じ始める

2日目(10時2分)  花は紅色に閉じ、昼には落下してしまう。
右に見えているのは朝に咲いた酔芙蓉

黄色い彼岸花  鍾馗水仙(ショウキズイセン)
今年は2週間ほど遅かった。九州の生家より球根を移植(30年前)

白花曼珠沙華(シロバナマンジュシャゲ)     近所の道脇で
彼岸花と鍾馗水仙の自然交雑種と言われている。
良く観れば真っ白でなく、淡い黄色や淡い紅色が残っている。

彼岸花                            近所の道脇で


新聞によると今頃、見ごろを迎えている彼岸花の名所もあるそうです。



秋の山野草

先日、武田尾の廃線コースを歩いてきました。
沢山の植物に出会え、愉しい一日でした。

武田尾⇒西宮名塩  廃線跡ハイキングコースを歩く
写真右には武庫川  左には線路跡の枕木が・・・

 秋丁子(アキチョウジ)  丁子に似た形で、青紫色の秋らしい花

爪蓮華(ツメレンゲ)  日当たりのよい岩場に生える多年草
葉の先がとがっているのを、動物の爪に例えた名前
古くから栽培もされていて、園芸品種の親にもなっているそうだ。
そう云えば、武田尾温泉近くの道路脇の「ツメレンゲ」は盗掘されているのか?
年々少なくなっている気がする。ここに群落を確認できてホッとした。

鵯花(ヒヨドリバナ)
鵯がなくころに咲くのでこの名が付いたそうな。

ホタルガ    ヒヨドリバナで吸蜜
そのうちにヒヨドリバナが好きなアサギマダラ蝶も来るかもしれない!?

男郎花(オトコエシ)の花後  女郎花(オミナエシ)に比べて、茎も太く、葉も大きく
全体に毛が多くて、華やかさに欠けるからこの名がついたとか

鵯上戸(ヒヨドリジョウゴ)  山野に生える蔓性の多年草
ナス科(花がなんとなくナスの花に似ている)
熟れた赤い実をヒヨドリが好むことから付いた名前だとか・・




小さな野の花

園芸種の様な華やかさはないけれど、良く観れば可愛い野の花です。

桜蓼(サクラタデ)      
先日、白花桜蓼を紹介しましたが、それよりもこの桜蓼が、日本のタデの仲間の内でもっとも花が大きく美しい。花の形が桜に似ているのでこの名がある。

桜蓼の群落    耕作放棄田に今年も“桜蓼”の花園が・・・

疣草(イボクサ) この草の汁を付けるとイボがとれる?というのでこの名がある。
「イボトリグサ」とも呼ばれる 淡い紅色を帯びた花はキュート! 耕作放棄田於

草合歓(クサネム)                      耕作放棄田於
合歓の木のように、暗くなると小葉を閉じ睡眠運動をする。
薬用植物のカワラケツメイに似ているが、花の形や豆果の形とつき方(カワラケツメイは上向きにつく)が異なる。

狸豆(タヌキマメ)  日当たりのよいやや湿ったところに生える1年草   鉢植え
花蕾や豆果を包んだ毛深い萼をタヌキに見立てての名前
名前の面白さに魅かれて、3年前に友人に頂いた苗から、タネを採り育てている。
4月23日に種を蒔いたのに、8月の初めに発芽し、やっと花を付け始めた。
発芽までの期間も長く、発芽率も悪い!昨年は2本、今年は3本しか芽が出なかった。