akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

水田の草花

近所の田んぼでは稲の穂も出そろい、少しずつ頭を垂れ始めた。
稲刈りはまだまだ先・・・
通るたびに眺めている、〝水田の雑草”と呼ばれる草花の紹介です。



田んぼの端っこ(コンバインが作業しやすいように、稲を植えず、空いている)に
雑草と呼ばれる、アメリカコナギやコナギアメリカアゼナなどが繁茂(一度は刈られたが生命力が強い)


アメリカコナギ(ミズアオイ科)   
北アメリカ原産の外来種で、水田の雑草
白色の6弁花で、午前中に開花し午後からはしぼんでしまう。淡青色の花もあるようだが、まだお目にかかっていない。


アメリカコナギ


コナギ(小菜葱) ミズアオイ科    在来種
青紫色の花が葉の陰に隠れるようにして咲く。かつては食用にしていたようだ。


アメリカアゼナ(ゴマノハグサ科)
北アメリカ原産の外来種。水田の雑草


水田の端っこで繁茂している「ヒレタゴボウ(別名:アメリカミズキンバイ)」
熱帯アメリカ原産の外来種。「チョウジタデ(タゴボウ)」や「タゴボウモドキ(外来種)」とよく似ている。


ヒレタゴボウ(アカバナ科)
4弁花で花弁と花弁の間が空いていることが特徴。雄しべは8個(チョウジタデは4個)


ヒレタゴボウの果実
萼片が残っている(タゴボウモドキとの違い)


中でもこのヒレタゴボウは草丈も大きく、繁茂しているので、
農家の人にとっては大迷惑の雑草だろうな?!


こんなことを考えながら観察しています。