akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

ナギの花と白い花たち

明日から6月。5月に撮り貯めていた?ナギの木の花と自生の白い花たちの紹介です。


斑鳩の里の「中宮寺宮墓地」宮内庁管理 
いつもは素通りしていたが、ちょっと立ち寄りしたところ
ナギの木、それも花を付けているナギの雄・雌木にであった。

奥の黄色っぽい木がナギの雄木 手前の木が雌木(ナギは雌雄異株、葉っぱは広いけれど針葉樹の仲間)


古来から〝縁結びや災難除け、特にナギは凪につながるとして海運の安全祈願など″の〝ご神木”として神社などに植えられている。榊と並んで神事に使われる樹木でもある


ナギの葉と実(右が果実で左は果皮を剝いたタネ)


ナギの葉は平行に脈が走っていて、裂けにくいことから、
古くから「縁が切れない」として開運や縁結び、夫婦円満などのお守りとして、この葉っぱを身につけて、そのパワーにあやかったとか・・・


私もお財布に「お金と縁が切れませんようにと」1枚入れています!(( ´艸`)


ナギの雄花    (隣の雌木は花が見つからない?)


ナギの雄花(1週間後の花後?) 

ナギの雌花   白い雄花から1週間後にやっと確認
緑色の突起みたいな帽子を被っているのが花。 ルーペでのぞくと柱頭が確認できた
前掲の写真の果実がこの雌木にまだ残っていた。


ネジキ の花   白い釣り鐘形の小さな花が横に並んでつき、幹が捻じれている
矢田丘陵で良く見られる木

ウツギ   この木も矢田丘陵に多い


ソヨゴ  秋には赤い実がつくが、花は目立たない


コジキイチゴ   花は横向きに咲く  実は橙色に熟し食べられる(木苺の仲間)


ツルアリドオシ   正月の縁起物のアリドオシにそっくりの花、赤い実もよく似ている



花より団子?

不要不急の外出自粛の中でも、梅雨の晴れ間を利用しての一人観察会。
花や鳥、虫などを愛でながら、ちゃっかり自然の恵みを味わっています( ´艸`)


山桜のサクランボ
甘酸っぱい、懐かしの味   子どもの頃は木によじ登り、採って食べたものです。
霞桜のサクランボはこれより小さめで、まだ熟れていない。


アメリカザイフリボク   北アメリカ原産の落葉低木    植栽された樹木
観察コースなのに初めて気付いた木の実、ネームプレートの説明で食べられることを知る。


アメリカザイフリボク    〝さほど酸っぱさもない、甘さ”


クサイチゴ     いつもの松尾寺詣でお馴染みのコースに自生のクサイチゴ
クサイチゴの群落を見つけたので採取して帰りました。


粒が大きく、見るからにおいしそうなのは、毛虫や蟻の先客が・・・
よく見極めながら採りました!時々自分の口に入れながら・・・


今日の収穫(500グラム)  これをジャムに・・・


グラニュー糖をまぶして1時間ほど置き、火にかける。途中でレモン汁を加え、焦げないように25分ほど煮て出来上がり。

煮沸した瓶に詰めて「草苺🍓ジャム」の出来上がり!
(ツブツブのタネが目立ちますが、😋!)



斑鳩の里へ

梅雨の晴れ間(雨の止み間)を利用して斑鳩の里へ、〝初夏の植物たち”に会いに行ってきました。
それぞれのいつものところで、今年も咲いていました!


矢田丘陵(鉄塔が立っているのが松尾山)と法輪寺(右端)


ユリノキ(百合の木) 北アメリカ東部原産の落葉高木   法輪寺近くの道路わきに
この場所は昨年、松尾寺詣での仲間から教えてもらった


ハンテンボク(袢纏木) ユリノキの別名
葉っぱの形がユニークで袢纏の形に似ていることからの名前


チューリップ・ツリー   ユリノキの別名
花がチューリップに似ていることからの名前


カラタネオガタマ    中国原産で 、常緑小高木 ユリノキの近くに
クリーム色の花は、バナナのような甘い、いい匂い! おすそ分けできないのが残念!


カラタネオガタマの仲間(ベニバナオガタマ) 植栽されたもの
カラタネオガタマほどではないがいい匂い!


スイカズラの群落   ほのかに匂いを漂わせて・・

スイカズラ(吸葛) 咲き始めは白いがだんだん黄色へと花の色が変わる
花の基部を吸うとほのかに甘い蜜が味わえる( ^ω^)・・ここから名前がついたようだ


トベラ    海岸に生える常緑低木 常緑なので、庭や公園などに植栽されている
咲き始めは白いがだんだん淡黄色へと花の色が変化していく
雌雄異株だそうだがこの木は?


クサイチゴの実  白い花がいつの間にか結実して赤い苺に!
もちろん試食しました! 甘酸っぱい、懐かしい味です。


写真を撮っていると、「お友達に持ち帰って食べさせたいので、採ってもいいですか?」と同世代くらいの女性に声をかけられた。「どうぞ、どうぞ!」・・・・
自然の恵みを分かち合える人に出会えて、嬉しかったです。