akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

雨の止み間に・・・

前線の停滞と低気圧の影響で、各地に被害をもたらしている雨は、なかなか止みそうにないです。
私の町も14日には特別警報が発令されたが、幸い地域に大きな被害はなかったようだ。


その後もずっと雨・・松尾寺詣で等もままならない。
そこで、雨が止むと
カメラ片手に、庭や近所での〝一人観察会”
日替わり、または時間帯で、新しい出会いがあって・・
これがなかなか面白い!


ヒメヒオウギズイセン        畑の畔に
花姿がヒオウギに似ている花だが、ヒオウギズイセンとヒメトウショウブの交雑の園芸種だとのこと。明るく美しい花だが、あまり育てる人がいないようだ。
私の故郷では自生種(野の花)で、はっきり覚えていないが「蟹花」的な名前で呼んでいた。(故郷の陸に棲む赤い蟹になぞらえたのかも)


シソ科のハーブ「ペパーミント」(西洋ハッカ)  道脇の雑草に交じって
少し触れただけでも、スーッとする清涼感、爽やかな気分になれる。
雄しべが突き出た白い小花が愛らしい。


ニラの花     茎の先端に集まった白い小さな花  可愛い!
葉を食用にする野菜だが、猫の額庭にいつの間にか住み着いてしまった。
植えたわけでないので、あっちこっちに勝手気ままに蔓延っている。


花虎の尾(ハナトラノオ)の花に「アゲハチョウ」
ハナトラノオは茎が四角形のシソ科の花。この時期が花の最盛期なので、「盆花」としても用いられる。


昆虫たちも雨の止むのを待っていたかのように、活動開始です。


「ウラナミシジミ」
ひとしきり雨が降った後、お日様が顔を出すと・・鉢植えのトマトに訪問してくれた


カイヅカイブキに「イチモンジセセリ」
蛾かな?と思ったけど、調べてみるとこれも蝶の仲間らしい。


百日草に「ヒョウモンチョウ」  数日前 鉢植えの百日草に


蝸牛(カタツムリ)  角を左右にくねらせながらゆっくりと前進


「角を出した蝸牛を」観たのは久しぶりです。
思わず♪でんでんむし虫かたつむり~♫と口ずさんでしまった( ´艸`)



庭や近所の花や昆虫たち

サークルのお散歩観察会以来、〝歯の養生”を理由に巣籠状態。
数日に一度スーパーへ出かける程度のだらだら生活。
それでも猫の額庭の水やりは欠かさない。鉢植えが多いので朝夕に汗だくで、蚊に刺されながら・・・


これではいけない!と近所の散歩コースを歩き始めた。15分くらいのコースだが、観察したり、写真を撮ったりで30分はかかる。汗をかいて〝運動した気分”。


この長雨が止んでお天気になれば、ぼちぼち松尾寺詣でを再開です( ´艸`)


松葉牡丹     朝開花して昼過ぎには閉じてしまう儚い命。
         松葉のような葉は多肉植物のように水分を含んでいて、暑さに強い夏の   
         の代表格?


松葉牡丹       前掲の写真の花と同じ鉢
           昨年友人にいただいた苗を、冬越しさせたもの


鉢植えの百日紅      今年も花を付けました!


近くの公園の百日紅    花弁のフリルが白いドレスのようです。


早苗蓼(サナエタデ)    散歩コースの川べりで
以前ヤナギタデを観たことがあるので、葉をかじってみたが、あの独特の辛さはなかった。
白花桜蓼とも違うようだし・・・調べてみると田植えの時期から花をつける「早苗蓼」のようだ。


鉢植えのタヌキマメに「キチョウ」が訪問
他に春~秋に、ナミアゲハ、ミスジチョウ、アオスジアゲハ、モンシロチョウが訪問してくれる。


シオカラトンボ         散歩道で


シオカラトンボ       散歩道で


クマゼミを捕獲した「コガネグモ」   散歩コースで久しぶりの遭遇
残酷な場面だがコガネグモも生きていかねば!


引っ越してきたころには庭にも「コガネグモ(黄色と黒色(褐色)の横縞模様)」や「ジョウロウグモ(黄色と水色の横縞模様)」の巣がかかっていた。
いまでは見ることがない。「自然は遠くなりにけり」でしょうか・・・



鷺草と狸豆の花が咲いたよ~(^^♪

今年も「鷺草」と「狸豆」の花が咲きました(^^♪


大事に育てている植物なので、〝花が咲く″ととても嬉しいものです。


鷺草(サギソウ)    ラン科
緑色で長く伸びているのは「距」、この中に蜜を蓄えていて、昆虫に受粉を助けてもらうようです(この距から蜜を吸えるのは長い口吻を持つスズメガの仲間らしい)
私も以前に蜜をなめたことがあります。


朝は開いていなかったが、夕立の後に見ると開花。初花です!
水滴を纏ってた鷺が飛んでいるような・・・優雅な花姿です。


今朝は3輪開花    


仲間から頂いた球根を育てていたのが、ダメになり、
昨年にアクテイブロクさんに分けていただいた鷺草。
害虫が付きやすい環境?なので、発芽してからの管理が大変でした。
8本ほどに蕾が(1本に2~4個)付き、これからが楽しみ。


発泡スチロールの箱にミズゴケを入れて栽培


湿地の自生する植物ですが、年々数を減らし、今や環境省の準絶滅危惧種です。


園芸品種もあり、私の栽培している「鷺草」は園芸種です。


狸豆(タヌキマメ)    マメ科


これも数年前にアクテイブロクさんに苗を頂いて、1年草なので
毎年タネをとり育てている植物。
自生の植物ですが、年々数を減らし、地域によっては絶滅危惧になっているようです。


青紫色の唇弁花、花までがタヌキの顔に見えてくるような・・・
ガクや蕾、豆果など毛深いところがタヌキの尻尾などに見えるので、この名がついたとか。


狸豆   種から育てたので数鉢に分けて栽培


タカサゴユリ(高砂百合)
花弁に紫色の筋の入っていない高砂百合、毎年この時期に
植木鉢や花壇の隅っこ、毎年神出鬼没の開花です。


夏芽(ナツメ)       緑地帯にて
中国では重要な果樹の一つだそうですが、日本ではさほど普及せず・・・
もう少しすると暗赤色に熟れます。生食、干してお菓子などに、または薬用に利用されるようです。
少し色付いたこの青い実を食べてみました。青りんごの味でした。