akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

奈良公園へ

電車で2駅目の奈良へ用事で出かけたついでに、奈良公園へ行ってみました。


人口10万人当たりの感染者数は全国10位(数日前のニュース)、京都や大阪に隣接するのに「緊急事態宣言」も「まん延防止等重点措置」もなされていない奈良県。


グループでの観光客もチラホラ、「昼でも飲めます」の看板もあったり・・
一方では入りたいと思った公共の施設(甍の庭園)は5月31日まで閉園だったり・・・


春日大社   参拝者もチラホラ


若草山入山口  ここまで来ると静か  空模様が怪しくなってきたのでここから引き返す


鹿たちも鹿せんべい売りも手持無沙汰


おねだり鹿   私には寄ってこないのに  見る目が高い鹿たち!


袋角の雄鹿  鹿は毎年、角が生え変わり、この時季の角は皮膚で覆われた柔らかいこぶ状
、だんだん成長して、秋には骨質が形成されて立派な角になります。
以前サークルの観察会でこの袋角を触ったことがありますが、一人では触る勇気もなくて・・


マルミノヤマゴボウ(丸実の山牛蒡)の群落  春日大社参道横の林下の薄暗いところに
よく見かける外来種の「セイヨウヤマゴボウ」と似ているが
こちらは在来種で花穂も果穂も下垂しない。
毒性があり、鹿の不嗜好植物とされているはずだが?ところどころ食べた跡が・・・


マルミノヤマゴボウ 結実し始めている

マルミノヤマゴボウ    花弁はなく花弁に見えるのはガク


カラスビシャク(烏柄杓)  
地中の根茎を乾燥させたものを「ハンゲ」と呼び、漢方薬の吐き気止めなどに使用される
これも鹿の不嗜好植物、参道脇の林下の薄暗い場所に生えている


コナスビ(小茄子)    参道脇の溝に    ありゃりゃ同じ写真が‼
 実が茄子に似ていることからの名前だそうだが、あまり似ているとは思われない・・
小さな花だが黄色で可愛い花。 鹿食べないのかな?


〝年年歳歳花相似たり”〝母を偲びながら”の久しぶりの観察会になりました。
5月10日の「母を偲んで」にコメントを頂いたkahoさん、ディーカサワさんに感謝です!



母を偲んで

昨日の〝母の日″は庭の花で、5月3日「急性大動脈剥離」で急逝した母を偲びました。



花の好きな母でした!

白いツルバラ  


デンドロビューム

テイカカズラ     フルーツ棚の下に立つといい香りが・・


シランの花     


玄関先の寄せ植え


玄関先


ニオイバンマツリ    鉢植えのいい香りがする花




5月2日の夜中に〝危篤“の連絡を受け
5月3日 新幹線と特急列車を乗り継いで長崎へ(自由席だったが空いていた)
・市内の弟妹は自由に面会はできないところを、特別な計らいで母の病室移動時に廊下で2~3分面会を許可された。(県外からの私は病院内にはいることができない)
・スマートフォンのビデオコールを通じて母と会話できた、これが母との最後のお別れ。


その夜、母は病院で息を引き取った。
誰に看取られることもなく・・・予断を許さない症状とわかっていたのに「コロナ禍」でそばに付き添うこともできず・・・


家族葬的なこじんまりした通夜や告別式には、参列したが、
「県外からの人と接触したら2週間の自宅待機」との決まりがあるようで、病院で仕事している姪(母の孫)たちは私と顔を合わせないよう、時間をずらして母とのお別れをしていた。


母がお世話になった介護関係の人たちにも、お礼を言いたいのを我慢して控室で身をひそめるようにしていた。(母を失った悲しみのうえに、なんでこんな思いをしなくてはならないのか?怒りに似た感情が・・・)


このコロナ禍で私以上に大変な思いをされている方もおられることでしょう。


今思うことは
病院や姪っ子たちへの個人的な思いでなく、政府がもっと早くPCR検査やワクチン接種などの政策をとっていたらと!


政府のコロナ対策のお粗末さを痛感している母の日でした。



馬見丘陵公園へ

大気が不安定な状態で、天気の急変が予想される中、ママチャリで馬見丘陵公園へ出かけました。(雨具なども準備して)
数日前に野鳥に詳しい方から送られてきた〝エナガ(の幼鳥の)鳥団子”を
実際に「見てみたい!」の一心で・・
バーダーに尋ねると、「時期が遅い!」とのこと。
それでも双眼鏡をぶら下げて歩いていると、十数羽のエナガの群れに出逢いました。せわしく木の枝を飛び回っているので、デジカメでの写真は無理でしたが、親鳥が幼鳥に餌を与えているのを何度も目撃。エナガファミリー?と確信。観察していた若い女性のバーダーが感激したように「餌を与えている姿」に感激したようで「可愛いですね!」と話しかけてきました。


数日ぶりの公園は季節が進んでいて、違った草木花が見れました。


エゴノキ     植栽された木
白い花が下向きにぶら下がるようにして咲いている。
白い果実には麻酔効果のあるエゴサポニンを含み、かつては魚取りなどに使われたようです。 果実はヤマガラなどの野鳥の好物とか・・・

ベニバナトチノキ(紅花栃ノ木)  植栽された木
アカバナトチノキとセイヨウトチノキ(マロニエ)の交雑種
公園の中央あたりの散策コースそばで人気の樹木花の一つで足を止める人が多かった。

ベニバナトチノキ    目の高さで観れるのが人気の秘密?
在来種のトチノキのように、トチモチにする「栃の実」は期待できません。


ハリエンジュ(針槐)  ニセアカシアとも呼ばれる    白い藤のような花
在来種の槐(エンジュ)似ているが、こちらは名前のように針棘があり、来植物で繁殖力が強く、あちこちでよく見かける。
この花は信州などでは良質の蜜源となっているようです。


ヤマボウシ(山法師) この木は植栽されているが、在来種で山野にも自生する
4枚の白い花弁に見えるのは総苞片で、本当の花弁は中央部にあります。
ハナミズキと見分けにくいですが、花びらの形や咲く時期が違います。
ヤマボウシの方が総苞片の先端が尖っていて、花の時期はハナミズキより遅く、葉が出てから花が咲きます。
ちなみにハナミズキの別名は「アメリカヤマボウシ」


ヤマボウシの花にモンシロチョウが訪問

関西タンポポにモンシロチョウ

シロツメクサにアオスジアゲハ    2頭が「写してちょうだい!」と言わんばかりに
飛び回るので、20分ほど遊ばれました!?

アオスジアゲハ

ハルジオンとアオスジアゲハ


風が強くなったので、早めに引き上げました!