akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

小さな野の花

近所の散歩や買い物に出かけるときにはいつもデジカメがお供。たとえ財布やスマートフォンを忘れても( ^ω^)・・・


今回もスーパーに行く道中に撮った野の花(ややもすると雑草扱いの野の花ですが)の写真です。


ノミノフスマ(蚤の衾)   
ユニークな名前です。小さな葉をノミのフスマ(夜具)に例えての名前。
同じ仲間に「ノミノツヅリ(蚤の綴り)」というのもあります。ツヅリ(綴り)とは粗末な着物の意味です。
今時〝蚤”といっても若い人にはピンときませんが・・
私の小さい時にはノミやシラミは身近な存在、肌着や頭髪に・・・(いい思い出ではありません)  日本全体が貧しかったのですね?!
田んぼのあぜ道などに群生して白い小さな花を咲かせています。


ハハコグサ(母子草)   
母子草の名前の響きが好きです。
母子草より花も小ぶりで目立たないチチコグサ(父子草)というのもあります。
別名を「オギョウ」と言い、春の七草の一つです。若い苗は食べられます。昔は草餅などに利用されたようです。


オオジシバリ(大地縛り)
「地縛り」の名の由来は細長い茎が地面を這い、節ごとに根を降ろし、まるで地面を縛るように見えることから。地縛りより全体的に大きいので「大地縛り」の名がついたようです。
こちらはヘラ形で地縛りは円形と葉っぱの形が違います。


マツバウンラン  葉っぱが線形で、松葉に似ていることからの名
北アメリカ原産の外来種。紫色の花が穂状につき、群生していると園芸種みたい。
芝生や道端で見られる花   仲間にツタバウンランという外来種もあります。


クサフジとニセカラクサケマン

クサフジ(草藤)
青紫色の蝶形花が密生して咲くのでよく目立つ花です。
藤の花に似ていることからの名前です。

ニセカラクサケマン (花の色で同定してみました)   
白っぽい花の先端部のみ濃紫紅色の、口紅を付けたようなユニークな花。これは地中海沿岸原産の帰化植物。
セイヨウエンゴサクとか、カラクサケマンとか似たような帰化植物があり見分けにくいです。


外来種も在来種も入り混じっている野の花でした・・・



斑鳩の里で・・・

矢田丘陵へ登るのに、〝斑鳩の里”へちょっと寄り道してみました。


明日12日(月)はこの斑鳩の里の「法隆寺~法起寺」を聖火リレーが通る予定だそうです。
自転車で行ける距離ですが、行きません!(テレビで観ます)


片野池から矢田丘陵を望む  右端に法輪寺(画面にはないけども左方向に法隆寺、右方向に法起寺)


矢田丘陵     鉄塔の立っている山が松尾山(315メートル)
山桜や新緑で彩られ、〝美しい山”の時期です。今回も松尾寺に登ってきました。


法輪寺  中宮寺、法起寺とともに「斑鳩三塔」の一つで、三井寺とも呼ばれ、太子の病気平癒を願い建立されたと伝えられているお寺。


ムベの花    垣根に仕立てているムベですが、アケビと同様、美味しい実がつきます。
見えるのは雄花ばかり、雌花もあるはずですが・・・アケビの花と葉違い、雌花が見つけにくいです。

ムベの花


ゲッケイジュ(月桂樹)の雄花  近くの公園で(葉っぱは黒ずんで病気のようです)
ローレルとも言い、日本には明治時代に入り、各地に植えられています。
雌雄異株です。


ゲッケイジュ(雌花) 秋には黒紫色の実が見られるかな?  天王寺公園にて
葉をちぎると(少し傷つけると)良い香りです。
この葉を乾燥したものが「ベイリーフ」「ローリエ」などの名で売られていて、スパイスとして利用されています。

市販の「ローリエ」


斑鳩の里の紹介からいつもの如く植物の話になってしまいました。


奈良もコロナ感染拡大が深刻な状態になってきているようです。
どうか明日の斑鳩の里を含む奈良県での「聖火リレー」密になりませんように!



矢田丘陵で・・・

今年は桜が早いので、ウワミズザクラもそろそろかな?と思い、松尾寺のある矢田丘陵へ行ってきました。

ウワミズザクラも開花し始め  日当たりのよい山の中には満開の木もありました。
この新芽や青い実は山菜として食べられるようですが、まだ試したことはありません。


ヤマザクラ(山桜) ソメイヨシノなどと違って花と同時に葉も開くので、花があまり目立ちません。足元に落ちている花弁を見て、上を見上げると山桜が・・・


ギンリョウソウ(銀竜草) 林の中の薄暗い、腐植土の多いところに生える腐生植物
よく見れば、この白い草姿は竜のようにみえます。
薄暗いところに生え、全体に白く透き通ったように見えることから、「ユウレイタケ」の名もあります。緑色の葉っぱなどがないのでキノコの仲間と思われたのかもしれません。
れっきとしたイチヤクソウ科の植物です。

ギンリョウソウ(上の写真と別の株)


今回は矢田寺の方まで足を延ばしました

コバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅)が満開です。
うまく周りの自然に溶け込んで美しい!


スミレも今が見頃

葉の裏側が紫「シハイスミレ」

タチツボスミレの仲間

ニョイスミレ(ツボスミレ) 小さなスミレ

アリアケスミレ   この花の色を「有明の空」の例えてついた名前とか。

イワナシ(花後)   気になっていたイワナシの花は終わって結実しかけていました。
運が良ければ、イワナシの果実が食べられるかも?
熟れるのはいつかな?  梨の味がするとか?  楽しみです!