akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

2016年9月のブログ記事

  • 食事中のツチイナゴ

     “好物のクズの葉”を食べているツチイナゴです。目の下に涙を流したよう な白い筋があるのが特徴で、成虫のままで越冬する、野原などで普通に見 られる、イナゴの仲間です。  近頃は植物以外に昆虫にも目が向くようになりました。詳しくはないので 写真に撮り、後で図鑑などで確認しています。

    nice! 7
  • ヤブツルアズキとノアズキ

     アズキ(小豆)の原種と言われているヤブツルアズキ(藪蔓小豆)の花と 豆果です。 中央の花弁(竜骨弁)がクルリとねじれている特徴のある花は、どちらもよく似ていて、観察するたびにどっちだろう?悩んでいましたが、見分けるポイントがわか りましたので紹介します。 ①一つ目は小葉の形と大きさ ②二つ目は豆... 続きをみる

    nice! 6
  • ホタルガ

    里山で出会ったホタルガです。翅は黒地に一本の太い白帯、頭部の赤がアクセントカラーでよく目立ちます。林の中の薄暗い木の下に、翅を山型にたたんで止まっていました。 “初めて目にした蛾”です。調べてみて「ホタルガ」という名前に納得しました。大きな「ホタル」のイメージです。私は初めてでしたが、普通に見られ... 続きをみる

    nice! 7
  • 彼岸花とアゲハチョウ

    我ながらうまく撮れた、彼岸花の吸蜜をしているアゲハチョウの写真です。 ♪赤い花なら曼珠沙華~♪と唄にもうたわれているように、“赤い花の代名詞”の様に言われている彼岸花。アゲハチョウはこの赤い彼岸花の蜜が大好物。満開の彼岸花の周りを飛び回り、蜜を吸い、花粉を運んでいます。“タネはできない”とされてい... 続きをみる

    nice! 7
  • アレチヌスビトハギ

    いつもの散歩道でアレチヌスビトハギ(荒れ地盗人萩)の花がよく目につきます。 果実にはかぎ状の毛があり、服などにくっついてしまう厄介な雑草です(種子を遠くへ運んでもらうこの植物の戦略)マメ科の特徴である、紅紫色の蝶形花は目立ちます。在来種のヌスビトハギ(盗人萩)よりは花も果実も大きく、繁殖力が旺盛な... 続きをみる

    nice! 6
  • コナギとアメリカコナギ

    水田雑草のコナギとアメリカコナギです。 青紫の花は、在来種のコナギ(小菜葱)で稲作とともに渡来したといわれ 万葉集にも詠まれています。かっては野菜や痛み止めの薬草、青い染料に 利用されていました。 一方の白色の花は、外来種のアメリカコナギです。 同じミズアオイ科でよく似ていて、生育環境もほとんど同... 続きをみる

    nice! 5
  • サギソウ

    “鷺草”の名の様に白鷺が翼を広げたような花の形です。今年の3月に、友人に 分けてもらった球根を、育てたものです。 サギソウの青い実(種)ができました。 初めて観るサギソウの実(タネ)です。これからも観察を続けていきます。

    nice! 5
  • 羽化したてのバッタ

    街中の公園の草むらで思いがけない“羽化したてのバッタと抜け殻”に出遭いました。セミの羽化の観察はしたことがありますが、バッタは初めてなので、「バッタが脱皮している」と友人に言ってしまいました。後で調べてみると、“脱皮ではなく羽化”でした。このバッタは、形からショウリョウバッタか、オンブバッタのよう... 続きをみる

    nice! 7