akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

“すべらんうどん”

一昨日シニア自然大学の仲間たちと繁盛亭の寄席に行ったついでに、隣接する大阪天満宮にお参りしました。ここで見つけた“すべらんうどん”の紹介です。

大阪天満宮  初詣の人もちらほら  
賽銭箱の向こうにはネットが張られていた。(投げた賽銭が当り、建物が傷つかないようにの配慮とか)

社務所の横にこんな幟が・・
さすが受験の神様のおひざ元だけに“うどんがすべらん”とは!?

そこは好奇心旺盛の私たち! 行って見ることに・・・そのお店は天満宮の裏手にありました。既に他のお店で昼食(うどん)は済ませていたのでお店の中には入りませんでしたが。

“すべらんうどん”とは“うどん”と食べる箸?フオーク?に“すべらない”工夫がされているようです。一度食べてみたいです。お隣の繁昌亭の落語家にも“話がすべらないように”お勧めです!

ノボタンの花   お店の庭に咲いていました。
夏の花なのに、この寒い時期に・・・よくもまあ!


近所を歩けば



成人の日の今日、ホッコリするようなお天気に誘われて近所を歩いてきました。

何と蓮華草が咲いていました

数輪ですが・・

蓮華草は 道路に沿った田んぼの端っこの陽だまりのところに 咲いています

聖徳太子のオブジェ 以前にも紹介したことがありますが、今や地元ではちょっとした名所になっています

毛並みの?良い馬(案山子)

雪だるま(案山子)

 缶ぽっくりで遊んでいる子ども(案山子) 子どもの頃よく遊んだものです

羽根つきをしている子ども(案山子)

竹馬に乗っている子どもいるよ

スケッチしている人(案山子)も!
このお天気と蓮華草と案山子公園の案山子たちにホッコリの昼下がりでした。



寒雀と寒紅梅

近頃、丸々としたスズメの群れをよく見かけます。
昨年から通い始めた俳句教室のおかげで、冬の季語に“寒雀やふくら雀、冬雀”があることを知りました。単に“スズメ”では、年中見られる鳥なので、季語にはならないようです。
愛らしい“寒雀”の群れを、やっと写真に収めることが出来ました。

クロガネモチの木にふくら雀

寒紅梅  
“ひょっとしたら梅が咲いているかも?”と梅林へ行ったところ、咲いていました!
梅は春の季語ですが、”冬の梅、寒梅、寒紅梅、早梅”は冬の季語だそうです。

青空に紅梅が映えていましたが、まだ香りは無く残念!