akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

矢田丘陵へ🌱🔎🌸

仲間が、「山菜、野草料理の集い」をするというので、
少しでも協力できれば・・と思い
‶歩きを兼ねて”久しぶりに矢田丘陵へ行ってきました。


ママチャリで法隆寺裏手の登山口へ


富雄川べりを彩る「西洋カラシナ」


矢田丘陵(法隆寺裏手の山)

まさに‶山笑う”


ウワミズザクラ🌸(白いブラシ状の花)

矢田丘陵のこの時季には、ウワミズザクラと霞桜がよく目につく


カスミ桜🌸(ヤマザクラより少し、標高の高いところで遅れて咲く)


霞桜かどうか?ルーペで観察🔎
花柄も葉柄にもうぶ毛が!(山桜には無い)

来週はトンボのメガネサークルで奈良公園での「奈良の八重桜(霞桜の重弁化した桜で奈良公園で発見されたもの)」と「奈良の九重桜(山桜の重弁化した桜で奈良公園で発見されたもの)」の観察会・・・両者の開花時期がずれるので観察できるかな?
明日にでも下見に行ってみよう。


①アケビの花(前面の大きな花が雌花  小さな花が数個集まっているのが雄花

アケビ①アケビ(小葉は5枚)②五葉アケビ(小葉は緩い鋸歯がある5枚と3枚が混じっている)③三つ葉アケビ(緩い鋸歯がある小葉が3枚)があり、花の色や大きさも違うが、葉っぱでも観察


①アケビの葉(小葉は5枚、葉には鋸歯はない)



五葉アケビ(ゴヨウアケビ、①アケビと③三つ葉アケビの交雑種と言われ、両者の特徴を受け継ぐ) 花の色は一番濃い

上の大きい花が雌花、 下方の数個集まっているのが雄花


②五葉はアケビの葉(5枚の小葉の中には緩い鋸歯がある)

小葉3枚の葉っぱも混じっていた


◎矢田丘陵には良く実のつく「ミツバアケビ」が多いのだが、今回は足が痛くて断念!



◎ガマズミの花



◎ナワシログミ(あまり美味しくはないけど、食べられる)

「食べてください!」と言わんばかりに、実を付けているのだけど・・
採られている形跡はない
多分美味しくないからだろう・・・



肝心の山菜は?
今日の収穫~タラの芽(向かって左)  タカノツメ(真ん中)  コシアブラ(右)

3種とも「ウコギ科」だよ~


若芽がよく似ている「タカノツメ」と「コシアブラ」

左が「タカノツメ」
山菜として利用できるのだが、私は利用したことがない(コシアブラノの美味しさにはかなわないだろう?と思っているから)


右が「コシアブラ」
タカノツメの群落の中に、1~2本生えていることが多い
天婦羅にしてよし、胡麻和えにしてよし!(春菊の香がする)


タカノツメの若芽に騙された😒
葉が展開すれば、タカノツメの葉は3裂、コシアブラの葉は5裂なので見分けが付くのだが・・・・開いていない若芽を採ると、コシアブラの様な香ばしい香りが・・すっかり騙されました!


失敗は成功の基!
遠くからでも見分けられる‶コシアブラ採りの達人″になるぞ✊

ランチ会

久しぶりのランチ会
それもひょんなことから・・(シニア自然大学の先輩の同窓会にピンチヒッターとして)
訪れたいと思っていた、生駒山の天空のレストランへ!
(アクテイブロクさんの4月3日のブログでも紹介)


色とりどりのお料理


盛り付けがすごい!完食です!


更に見晴らしの良い場所に移動して、眺望をたのしみながらのティ―タイム
マンゴープリン、コーヒー、チョコサンドのクッキーを頂きながら


私が時々、法隆寺の裏手の山と称して歩く「矢田丘陵」を望む



美味しい料理を頂いた後は、歩いて宝山寺へ


道中はもっぱら🌸ウオッチング👀


🌸宝山寺の門前町は染井吉野も見頃



🌸山桜(山の上なのに早い開花!)自生種、赤みを帯びた葉が花と同時に展開



🌸カンヒザクラ(早咲き桜のはずが・・)植栽されたもの


🌸遠くに「こんな桜が・・


シキミの花(シキミも大きな木になるんだな?とのつぶやきが・・)


ニワウメ



宝山寺に詣でたあとは、長い石段を下って
ケーブルカーで近鉄「生駒駅」へ   やれやれ!


可愛い「ワンちゃん」のケーブルカー
(乗車してきた、山頂の生駒遊園地帰りとみられる子どもたちは大喜び!)



先輩たちの同窓会の「ランチ」に同席させてもらい、
「自然とかかわる活動の話」を伺い、お腹も心も、満たされた時間でした!

散歩コースで🌸🌸🌼🦋

疑問がやっと解けた!


散歩コースの桜並木は
地元のボランティアによって植栽されたもので、2本の河津桜を除いて
ソメイヨシノ(染井吉野)だと聞いていたが
サクラ祭りのたびに、並木の端に、ソメイヨシノより数日早く開花する、ピンク色が濃い桜が数本あり、不思議に思っていた
調べてみると、これは「神代曙桜」らしい。


🌸染井吉野の桜並木(チラホラ咲き)

この並木の奥(下流側)に神代曙桜が植栽されている


🌸ソメイヨシノ(染井吉野)



🌸神代曙桜(ジンダイアケボノ桜)の並木  染井吉野がちらほら咲きなのに・・


神代曙桜とは
東京の神代植物公園で発見された、交雑種のソメイヨシノ系と推測されるサクラの栽培品種
原木は神代植物公園にあるそうだ


🌸神代曙桜

ソメイヨシノに比べ
花弁はピンク色が濃く、グラデーションが入っているのが特徴


花の時期も2~3日早いようだ


🌸神代曙桜(画面左)と🌸染井吉野(画面右)



花の萼筒(付け根)の比較
神代曙桜(画面左)は染井吉野(画面右)より萼筒が少し膨らんでいる(江戸彼岸の特徴がみられる)


神代曙桜には、小枝や葉に香りがあるらしい
確かめるのをうっかりしていた、今度確認してみよう!



外来種のオオイヌノフグリの仲間(3種)


🌼オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)

お天気が良いのでしっかり開花



🌼タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)

花は小さく葉に隠れるようにして咲き目立たない
葉は対生(よく似たフラサバソウは互生)



🌼フラサバソウ(日本の植物を研究したフランスの植物学者フランシェサバチェ名前を記念して、この名がつけられたとか

花は小さく淡い青紫色、葉は互生  群生しているのを見かける



🌼白花タンポポ(在来種)と西洋タンポポ(外来種)


🦋キチョウ



散歩コースでの‶一人観察会🔎″になりました!