akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

春が駆け足で・・・

3月の声を聞いたとたんに〝春が駆け足″でやってきています。
3月2日は近畿地方では〝春一番″が吹きました。
3月3日は〝ひな祭り″。前日とはうって変わってのお天気で、眩しいくらいの陽ざしでした。


おひな様の壁飾り    7~8年前のシニア自然大学の研究科に在籍していた時に製作
今年はひな祭りらしきことは何にも無しでした。ちらし寿司も・・


春蘭(シュンラン)       庭の片隅で
「ホクロ」や「ジジババ」の別名もあるそうです。
つぼみが沢山ついているので、開いたら、酢漬けにして食する予定です。
花はほかに塩漬けにしたものをお茶にしたり、吸い物に利用できるようです。


啓翁桜(ケイオウザクラ)   鉢に挿し木して育てたもの
一昨年前の春、通称〝平群の桃源郷″と呼ばれるところで里山保全活動をしている仲間から、案内をしていただいた折に頂いたもの。
鉢植えにして育てていたものが今年やっと花を咲かせました。


啓翁桜は早咲きザクラなので、卒業式などの生け花によく使われるので、この桃源郷でもかつては栽培されて出荷されていたようです。


支那実桜(シナミザクラ)と彼岸桜(ヒガンザクラ)の雑種だそうで、名の由来は
この作出者の「吉永啓太郎」氏に因んだとのことです。


2月末に驚く情報が流れてきました!
自然愛好家仲間で親しまれてきた〝平群桃源郷″に48ヘクタールのメガソーラーが設置されるとの情報です。
住民が知らない間に、町も県も工事の認可をしたらしい。
悲しいです!  自然の・・環境破壊が・・先行きどうなるやら・・


前述の仲間に案内をお願いして(サークルのリーダーのお膳立てで)、3月の第3金曜日に平群桃源郷の観察会を行う予定です。


支那実桜(シナミザクラ) 近所の公園で
別名を「唐実桜」「支那桜桃」とも呼ばれる。
早咲きの桜で、長い雄しべが特徴。花を観賞するだけでなく果実・サクランボは食用にもなります。
普段市場に出回る「サクランボ」といって食べているのはセイヨウ「実桜」で
このサクランボは東洋系の「実桜」の、かなり小ぶりです。我が家の支那実桜は害虫にやられて、わずかな枝につぼみがついています。


猫柳(ネコヤナギ)の花   用水路端で


銀白色のふかふかした若い花穂から猫の毛を連想してこの名がつけられたとか・・
赤い葯からは黄色い花粉が出ます。
雌雄別株なので、この木は、花穂が大きいので雄株かな?!



明日は二十四節気の一つ「啓蟄」で
〝土の中で冬ごもりしていた虫などの生き物が這い出る″と言われています。


「淀水路の河津桜」を見に行く予定ですが、雨予報です。
どんな〝啓蟄″の一日になりますやら・・・


しっかり目覚めないと〝春”に置いてきぼりになりそうです。



馬見丘陵公園の花と野鳥

春のような陽気に誘われて、馬見丘陵公園へ出かけました。
歯科治療で外出自粛の次は、顔にアレルギー性の痒疹で、またまた外出自粛(スギ花粉の飛散が多い時期だからと医師からの注意もあって)


「ストレスをためては身体によくない」と自分に言い訳しながら、
帽子に大きめのマスク、首に双眼鏡とデジカメを下げてのいつもの観察スタイルで・・・


サンシュユの並木

山茱萸(サンシュユ)は早春に黄色の花が咲くので、春黄金花(ハルコガネバナ)とも呼ばれる

万作(マンサク)  同じ黄色い花でもこちらは細い黄色のリボンのような花びら
春一番に花が咲くので「まず咲く」が訛って、「マンサク」になったという説もあります。


馬酔木(アセビ) スズラン似の愛らしい花。
有毒植物だ、これを馬が食べると苦しんで、酔ったようになることからの名前らしい。


奈良公園では鹿が食べないので、よく目に付く植物です。


河津桜の並木   開花を新聞に紹介されたので、この花目当ての人も多かったです。

満開に近い河津桜の木


馬見丘陵公園での野鳥
デジカメなので証拠写真程度ですが・・・


トラツグミ   薄暗い林の下を行ったり来たりしながら採餌(昆虫探し?)
初めて自分で見つけた「トラツグミ」、私も行ったり来たりしながら25枚も写真を撮りました(*ノωノ)

トラツグミ

イカルの群れ    20数羽の群れで採餌中 ( 自分で見つけたイカルたち)
こんな群れで公園内で採餌しているのは珍しいと写真を撮っていた方が教えてくれましたた。(2時間後にもまだこの様子が見れた)

モズ     枝にじっとしていたので何とか撮れました。


ヨシガモの群れ  「この池にはヨシガモが来るのだけど?」とつぶやいたら、
バーダーがあの群れが「ヨシガモ」と教えてくれました。


このバーダーは向こう岸の「オシドリ」を観ていたのです。
この池には毎年オシドリが数羽ほど来るそうです。この日はオスを1羽確認できました。
メスもいてるようですが・・
嬉しい情報でした!


シジュウカラやメジロ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキなどの野鳥も見ることができ「ルンルンの一人観察会」になりました。



緑地帯の河津桜

住宅街の端にある緑地帯。
ここに植えられている1本の河津桜の花が咲きました。


この緑地帯にはもともと植栽されていたヒラドツツジや夾竹桃と
住民が自分の思いで植えた蠟梅、梅や桃、桜などの花樹やミカン、柿、栗、カリンなどの果樹が植栽されていて、私たちの目を楽しませてくれています。


ところがこの植栽されている果樹が原因となる事件が起きたのです。
その事件というのは、カリンの実が落下して、その下の歩道を歩いていた小学生に当たったということです。
隣人に聞いた話でけがの程度など詳しくはわかりませんが・・


そんないきさつがあり、歩道に面した緑地帯の樹木の大がかりな剪定が行われました。


数年前に「これは河津桜です、枝を剪定しないでください」と(植えた人が思いを込めた)札がかけられていた河津桜もバッサリ剪定されました。
原因となったカリンは樹形がホウキのように上へ伸びていて(歩道にはみ出していないので)ほとんど剪定なしです。


また今年も大きな実を付け、また事件が・・・と憂慮されます。(公の場所のカリンなので、採取する人がいない)


今季の〝河津桜″はひときわ〝美しく、愛らしく″目に映りました!

河津桜(カワヅザクラ)
日本にある桜の1種で、オオシマザクラとカンヒザクラの自然交雑種と言われている
早咲き桜

剪定された河津桜


河津桜と隣り合わせのカリンの木


緑地帯のジンチョウゲ    甘い香りを漂わせて・・・


クロッカスの仲間?       
白に青い筋が入った花弁で一瞬、造花と見紛うほど。
葉はクロッカスのようで、背たけも低い。


この園芸種の花の名前、どなたか教えていただけませんか?