akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

金蘭と銀蘭

キンラン(金蘭)・ギンラン(銀蘭)は日本の野生蘭のひとつで、かつては里山などでよく見られたものだったが、今や環境省の「絶滅危惧種」に入ってしまったようだ。
そのキンランとギンランが〝私の松尾寺詣で”のコースでこの時期に観られる、なんという贅沢?!幸運!
今年も例年よりは早かったが、美しい、可憐な姿を観ることができた。


金蘭(キンラン)    松尾寺境内にて  昨年と同じ場所に、今年は2本に増えていた


金蘭自生地   法隆寺裏手の斑鳩神社の境内にて
ここには8株ほどが散在して自生していて、踏まないようにと誰かが枯れ枝を立てている

金蘭     斑鳩神社にて


キンラン(金蘭)   斑鳩神社境内
黄色でよく目立ち、花の唇弁に赤い筋が入り、見た目も華やか、栽培種の蘭の花と間違えられそうな美しさ。(心ない人にエビネの仲間と間違えられて採取されてしまうこともある)


キンランもギンランも「菌根菌」と呼ばれる菌類と共生する「特殊な成育形態」にあり、林下などの特殊な土壌のみで生育するので、採取して持ち帰っても家庭で育てることは不可能
どうか持ち帰らないで!


ギンラン(銀蘭)   松尾寺境内にて   昨年と同じ、薄暗い林の下に4株ほど


ギンラン   松尾寺境内


松尾寺境内で新な自生地が・・仲間から教えてもらう。

新しい自生地は~いつも通っている松尾寺境内のコースのわき、垣根に  
こんなところにも生える?驚きです!

新しい自生地のギンラン

ギンラン    純白で清楚な美しさ キンランのように花冠は開かず(おちょぼ口程度)
キンランよりは数が少なくなっているようだ。


記録的な長寿で話題となった双子の姉妹「きんさん・ぎんさん」を彷彿するような「キンラン・ギンラン」ですが、お二人にあやかって、どうか来年も再来年も・・咲いてくれますように!


     

馬見丘陵公園へ

初めての夏日となったこの日、馬見丘陵公園に〝イペーの花”を訪ねてみました。


以前に「神戸ではイペーの花が咲いている」と仲間からの情報をもらっていたのですが、コロナ感染拡大のこんなご時世で、神戸までは出かけられません。
「馬見丘陵公園にも1本あった」ことを思い出し、「ハンカチノキやナンジャモンジャの木の花も見たい!」ついでに野鳥観察もと・・・欲張りな思いを持って馬見丘陵公園へ


公園に続く新緑の緑道   緑陰が心地よい
緑道入口の駐輪場にママチャリを置いて


イペーの花  木の上の方にチラホラ

イペーの花    和名は「コガネノウゼン」 沖縄では「イッペイ」とも呼ばれる
日本では沖縄県など、戦後に植栽されたものがたくさんみられるそうです。私の知っている身近なところでは、神戸、大阪の一心寺くらい。
この黄色の花は「ブラジルの国花」だそうです。


ナガレ山古墳近くの「ハンカチノキ」は花は見れませんでした。咲いたような形跡さえなかったです。(樹木自体が元気がないので、来年も期待できないかも)


近くに植栽されているヒトツバタゴは?

ヒトツバタゴ   対馬や岐阜県、愛知県などの限られた地域に自生する落葉高木で、その土地で見たことのないような珍しい樹木ということから、「ナンジャモンジャ」とも呼ばれています。   雌雄異株だそうで、たまたまこの公園で、黒紫の実を付けているナンジャの木を観たことがあります。


ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)   公園内の数か所で花盛り

ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)   遠くから見ると雪が積もっているみたい


あわよくば良くば〝野鳥も観察を”の願いが叶い、
「巣に出入りするコゲラ」を観ることができました。

桜の木の幹の巣に餌を加えたコゲラが入るところ  デジカメなので証拠写真程度 
(女性バーダーが親切に教えてくれました)


巣に入って6分後に辺りを警戒しながら飛び出して行ってしまった。


ヤマガラ   双眼鏡は持参していたが、カメラはデジカメなので( ^ω^)・・・



自然に癒され元気をもらえた一日になりました!

今回の収穫!

先日の「ほしだ園地」で観た「チゴユリ」を求めて「矢田丘陵」を歩いてきました。


暑いくらいの天気で、カスミザクラの花吹雪と「チョットコイ~」のユーモラスなコジュケイの囀り、「ピューッピュー」と青信号の音のアオゲラのさえずり、すっかり上手になったウグイスのさえずりをBGMに・・


今回も自然との嬉しい出会いの収穫が!


チゴユリ(稚児百合)  薄暗い林の下で、白い小さな花がうなだれて咲く
イノシシの採餌のため掘り起こされて、群生地が荒らされめっきり数が少なくなっていましたが、それでもかわいい花を観ることができました。


ヒメハギ(姫萩)   山野の日当たりの良いところに生える常緑の多年草
花弁の先のフリンジがとてもチャーミングな花


クロバイ?

クロバイ(黒灰)?
高木で、上の方は満開のようですが、下の方は開花し始めたところ。
花冠より突き出た長い雄しべが目立っています。


この丘陵地のコースを通るたびに、ハイノキの仲間かな?と思いながらみていましたが、
初めて花の時期に出逢いました。
枝を引き寄せ観察していると、2人連れのハイカーが「今まで気付かなかった・・ありがとう!」と言ってくれました!(^^)!

クロバイ?の葉  クロバイかどうか?同定するための写真ですが・・・合っているかな?



何といっても1番の収穫は・・・蕨、タラの芽、コシアブラ

ワラビ2本、タラの芽2個、コシアブラ(左側の小さな若芽)⇒天ぷらに


コシアブラ(右側の少し大きくなった若芽)⇒茹でて胡麻和え(春菊の味)


おいしかったで~す( ^)o(^ )
やはり〝花より団子″〝観察より食い気?″