akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

センブリ(千振)

    観察会の下見で出会ったセンブリ(千振)の花です

リンドウ(竜胆)と同じく胃腸薬などの生薬などとして利用される“薬草”で
す。“当薬”“苦草”別名があるように、この“煎じ液は苦く”て“千回振り出し”て
も苦味が消えないので、この名前がついたようです。
 子どもの頃の故郷の山道で、祖母に教わり採取したことはありますが、花
を観た記憶はありません。こうして見ると、五弁の花弁は、白地に紫の筋が
入って、凛とした美しさです。近頃は自生の花にお目にかかることが少なく
なってきました。本番の観察会で参加者の皆さんに紹介するのが楽しみです。


スカシダワラ(透かし俵)

最近の観察会で落ちているのをよく見かけます。透け透けの硬い網籠の繭、
透け透けでもしっかり作られている繭です。たぶんヤママユガの仲間だろう
と見当をつけて調べたところ、ヤママユガ科のクスサン(楠蚕)の空の繭・
スカシダワラ(透かし俵)と呼ばれるものでした。クリやコナラに発生する
緑色の毛虫がクスサンの幼虫だそうです。クリの木によく発生するので「栗
毛虫」と呼ばれたり、毛虫の体に生える白色の長毛から「白髪太郎」とも呼
ばれたり、地域によっていろんな呼び名があるようです。また蛹化前の終齢
幼虫が紡ぐ糸は、テグス(天蚕糸)といわれ、釣り糸や縫合糸に使用されて
いたようです。次は大型の蛾・成虫のクスサンを見てみたいです。

 スカシダワラの繭の中に入っていた蛹です




釣舟草と黄釣舟

   花姿が花器の釣舟に似ている釣舟草(ツリフネソウ)
緑色の紡錘状の実は熟すと、ホウセンカの実の様に触るとはじけます。
白花の釣舟草もあります。








   黄釣舟(キツリフネ)
釣舟草との違いは花色だけでなく、距(花のお尻)が釣舟草ほどはクルリと
曲がっていません(写真ではわかりにくいですが)
 釣舟草の花の時期としては遅い感もしますが、植物園の様に植栽された
物でなく、自生の花を観るとうれしくて、紹介しました。