akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

観察会下見

猛暑の中、13日は寝屋川市の生物多様性センターに、14日は大阪市の長居植物園へ観察会の下見に行って来ました。余りの暑さのために、デジカメが熱くなって故障するのでは?と思うほどでした。おまけに暑さでレールにゆがみが生じたとか?で帰りのJRは40分も遅れてしまいました。異常気象としか思えません。
そんな中で出会った花とトンボの紹介です。

ヒオウギ(別名:ヌバタマ)
葉の基部が扇形で“檜扇”に似ていることからの名前。
植物園の万葉の道に咲いていて、「別名:ヌバタマ」の名札がかかっていました。
調べてみると、黒い種が、鳥の羽の様につくことから“鳥羽玉(うばたま)”、それが変化して“ぬばたま”になったとか・・万葉集には黒・闇・夜などの「枕詞」として登場しています。

ハマボウ   暖かい地方の海辺の植物です。
フヨウの花と一緒のコーナーに植栽されていました。一瞬海辺の植物なのになんで?と思いましたが、フヨウと同じアオイ科です。フヨウの花とよく似ていて一日花です。

チョウトンボ  蝶の様にはねをひらひらさせて飛んでいました。飛んでいる姿は黒っぽいトンボですが、止まった時、光があたるとこの美しさです!

ショウジョウトンボ       赤とんぼの仲間です。(私の化身??)


散歩道で

各地に災害をもたらした豪雨もどうにか過ぎ去ったようです。
近所を歩いてみました。川も普段の流れに戻り、ホットしました。

ヒメヒオウギズイセン  故郷ではあちこちに咲いていたので、てっきり野生の花と思っていた。近所で植栽されているのをよくみかけるので調べてみると、ヒオウギズイセンとヒメトウショウブの交雑の園芸種だそうです。ヒオウギに似ていて小さいのでヒメの名が付いたようです。今では育てる人が少なくなり、多くが野生化しているようです。

ブラックベリー    桑の実に似たイチゴノ仲間で生食やジャムなどに利用
菜園の端っこにヒメヒオウギズイセンと同居?

へクソカズラ(屁糞蔓)何ともひどい名前です。全草に悪臭があるので、奈良時代からこの名で呼ばれていたとか・・・

ヤイトバナ  花の中心部が赤いことから、ヤイト(お灸)に例えての名前。屁糞蔓よりはまだましかな?!

サオトメバナ(早乙女花)   花の形が早乙女(田植え娘)の帽子に似ていることからの名前。  臭いは別としてチャーミングなこの花にぴったりの名前です!



きのこ観察会に参加して

連日の大雨で外出もままならず、家の中に幽閉状態です。昨夜は避難勧告などの頻繁なエリアメールで、寝不足です。今のところ、幸い避難することもなく被害もありません。
被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます!
先日参加した他のサークルの「きのこ観察会」で出会った印象的なキノコと植物の紹介です。

マメザヤタケ    私が見つけました!  硬くて到底“きのこ”とは思われませんでしたが、きのこの会員の方に“キノコの仲間”として採取し、同定してもらいました。

マメザヤタケ   良く観れば、形は豆鞘に似ています。

ツチアケビの花    里山に生える、葉緑素を持たず、ナラタケの菌糸と共生している腐生ランです。秋には赤い、色も形もウインナソーセージにそっくりの実を付けます。
実はたまに見ることがありますが、花は珍しいです。

ツチアケビの花   名前の由来はぶら下がってつくウインナソーセージ似の実をアケビの実に見立てたことからの名だそうです。   

蛇の髭(別名:竜の髭)  瑠璃色の綺麗な実をつけます。
これは野生のものですが、庭などにも植栽されていてよくみかける植物です。
名前が面白いので・・・細い葉を“蛇や竜の髭”に例えた名だそうです。