akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

病院からの帰り道で

膝と足首の矯正のためのインソール調節に病院へ行った帰り道、独りミニ観察会を楽しんだ。


オリーブの実   オリーブオイルや化粧品、塩漬け、ピクルスなどの食品として利用されているが、実がなっているオリーブの木を身近で見ると嬉しい。
日本には江戸時代末期に入って来たそうだが、常緑で葉っぱもきれいなので、植栽されているのをよく見かける。
熟した実はおいしそう・・・生食できるかどうか?

オリーブの実    お尻をくっつけて成っている

イシミカワの実    タデ科の植物  
丸い葉っぱの中心から花柄が伸びて数個の丸い実をつけている。
お皿の上にお月見団子を載せたみたいな果実。見の付き方がユーモラスだが、ご用心!
茎や葉柄には下向きの鋭い棘があり、チクリと刺されます。実は完全に熟すと瑠璃色になり、美しい。

イシミカワの実   道端やカワラなどに生える雑草   
淡緑色⇒淡紅色⇒淡青色⇒瑠璃色と色の変化が面白い。

カナムグラ  若い果実(雌株)
果実が、ビールの原料の「ホップ」に似ている、ホップの近縁種で「アサ科カラハナソウ属」の厄介な雑草。茎が針金状で強いので「金葎」の名がつけられた。

カナムグラの雄花(雄株) 淡緑色の小さな花が多数つく
雌雄異株で、道端や荒れ地に繁茂する厄介な雑草。イシミカワと同様、蔓性で茎や葉柄に下向きの鋭い棘があるので、要注意!(植物好きでないと、ほとんどの人は関心を示しませんが・・・)


里山散策

久しぶりに法隆寺裏手の里山・棚田を歩いて来た。
加齢によるものだが、足首と膝を悪くして通院している。矯正のために装具(靴敷き)をつくったので、履き具合を見るための“歩き”でもある。
棚田では稲刈りが行われている。その側をカメラを提げたおばちゃんが1人歩いているのは絵にもならない。
今日の“収穫”の写真です。

アケビの実  “口を大きく開けた状態”のアケビの実
手の届かない頭上の木の枝に・・・美味しそう!

ノブドウ  “ブドウ”の名が付いているが食べられない
青や紫の綺麗な色はほとんどが虫こぶになっているため。

ヤブマメ    紫と白色のツートンカラーが美しいマメ科の植物

ミヤコグサ  鮮やかな黄色の花のマメ科植物
春から初夏に咲く花だが、この時季でもよく見かける。



時計草の実と狸豆



夏に紹介した時計草の実が色づきました。2~3個実を付けたのですが、途中で落下して、何とか1個だけ残りました。

時計草の果実(直径2センチほどの小さな実)
クダモノトケイソウ(パッション・フルーツ)の仲間ですが、どんな味がするやら・・
もう少し橙色に熟してから味見するつもり。

〈参考〉 遅咲きの時計草

狸豆
昨年の秋に紹介したタヌキマメのタネを蒔き、育てました。
9月の中ほどから花を次々と咲かせています。
実にも花にも長い産毛があり、花はなんとなく狸の顔に似ているような・・・
また長い毛に覆われた実(豆果)は“狸”の尻尾見たい!
こんなところから名前が付いたのかな?!

狸豆 一日花が次々と咲きます。