akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

世界三大紅葉樹

暦の上では「小雪」、朝夕の冷え込みが厳しくなってきました。サークルの観察会やハイキングで訪れた植物園や寺社は、紅・黄葉が見ごろを迎えていました。
今日は「世界三大紅葉樹」を紹介します。

①ニシキギ  京都植物園にて  
 世界三大紅葉樹の中で唯一、日本で自生しています。一際濃い紅色の紅葉が目立ち、「錦木」の名前もその鮮やかな紅葉の色からついたようです。庭木や公園樹としてよく植えられています。

①ニシキギの果実   果実は熟すと果皮が裂けて、中から赤い種子が出てきます。


②ニッサボク(和名:ヌマミズキ) 京都植物園にて
植物園などに植栽されています。

③スズランノキ  昨年の7月  神戸森林植物園にて 
京都植物園にもありましたが、まだ紅葉していませんでした。ツツジ科の落葉高木

「参考」 ③スズランノキの花   昨年の7月15日  神戸森林植物園にて
枝先にスズランに似た小さな白い花を付けます。


八つ手の花

花の少ないこの時季のヤツデの花です。

茎の先に白い花が集まって球状に咲いています。
果実は春にかけて徐々に熟して黒くなっていきます。

八つ手の葉  別名「天狗の葉団扇」の名は、日本ではお馴染みの“天狗さん”が持っている“うちわ”のイメージです。

八つ手と言うので、八つに切れ込んでいるのかと思いきや、ほとんどが7つか9つの奇数に切れ込んでいます。写真のヤツデの株の葉は、ほとんどが9つに切れ込んでいました。
“八つ”というのは、切れ込みが“たくさん”という意味からなのでしょう。また“八”という数字は末広がりで縁起が良いといわれています。そんなことと“八つ手”は“人を招く”イメージから、「先客万来」などと縁起を担いで玄関先などに植えられることもあるようです。
少々日が当たらなくても育つ、丈夫な植物です。
我が家の庭にも、タネを鳥が運んできたのか、かってに生えていましたが、大きく育ち過ぎたので、切ってしまいました。思えば惜しいことをしました!



柊の花

巷では既にクリスマス商戦が始まっています。クリスマス飾りと言えば“ヒイラギ”を連想しますが、今日紹介する“ヒイラギ”はクリスマス飾りの“ヒイラギ”の仲間とは違うヒイラギです。

柊の花(若い雄木の花) とげとげしい葉は成長するに従って葉の棘が少なくなり、丸くなる。「歳をとると丸くなる」人間と同じかな??  雌雄異株

柊の花(老木の雌花) モクセイ科なので、仲間の金木犀ほどではないが良い香りがします。来年の6月頃には実をつけます。熟すと暗紫色の果実です。

〈参考〉シナヒイラギ  京都植物園にて  西洋柊と同じようにクリスマス飾りに用いられる“ヒイラギ”です。こちらは赤い実の付く「モチノキ科」です。


古くから柊の“葉の棘”が邪気の侵入を防ぐと云われ、“鬼門除け”として、表鬼門(北東)にこの柊を、裏鬼門(南西)に南天の木を植えると良いといわれてきました。ご近所の旧家では見ることができます。我が家はなんせ猫の額庭なので、柊も南天も同じ場所に同じ方角に向けて植えています。
奈良市内の奈良町には、節分に食べた鰯の頭を柊の枝に刺して玄関口に飾る「柊鰯」の風習が今でも続いています。次の節分の日まで飾っていますので、訪れる機会があれば是非見てほしいです。