akatonboのブログ

“自然大好きシニア”の目でとらえた“自然の美しさやおもしろさ”などを
紹介していきたい。

冬莓

冬莓(フユイチゴ)

冬苺   甘酸っぱい初恋の味?!


久しぶりに法隆寺裏手の里山・矢田丘陵を歩いてきました。赤い木の実や草の実、青紫色や紫色の木の実、桜の葉の紅葉などが目立ちました。中でも「冬莓」が食べ頃になっているのには驚きです。“冬”の季節の先取り!?白い雪に映えそうな冬莓ですが・・・
口に入れると甘酸っぱい、初恋の味?がします。以前はたくさん収穫して、「ジャムを作ろう」などと思ったものですが・・たくさん集めるのがしんどいと思うようになりました。年ですね!
冬苺は蔓状に地面を這っていて、一見草の様に見えますが、バラ科の「常緑小低木」です。「野草の名前」の図鑑で調べると、漢字では、草系統のイチゴは「苺」で、木イチゴの仲間は「莓」の漢字だとか。“初耳”です!


ユニークな形の果実

大阪駅ビルの屋上「風の広場」の植え込みで見かけた「狐顔」の果実です。何度か目にしたことがありますが、名前がわかりません。友人にヒントをもらって、“狐顔の果実”で検索してみると・・・次のようないくつかの呼び名を持っていることがわかりました。

風の広場の花壇

「角茄子(ツノナス)」ナス科の植物で、果実に小さな角状の突起があることからの名

「狐茄子(キツネナス)」キツネの横顔に似ているので

「フオックスフェ―ス」キツネの顔の形に似ているので

「カナリア茄子」熟した黄色の果実が枝になっている様子が、カナリアが止まっているように見えることからの名


いろんな呼び名のあるこの果実はブラジル原産で、花壇や生け花などに利用される観賞用植物です。アルカロイド系の毒成分を含むので、食用にはなりません。
なぜか、葉が付いていません。調べてみると、日光が当たらないと実付きや(黄色の)色
付きがわるくなるので、陽ざしを遮る葉は取ってしまうようです。どんな葉っぱなのかな?育ててみたい気もしますが・・・



花と蝶

万博記念公園に観察会の下見を兼ねて、行って来ました。ナンキンハゼやフウなどが色付きはじめていて、青空に映えてとてもきれいでした。
中でも黄色のツワブキの花(植栽された)が見頃で、何種類かの蝶が訪れていました。同じく黄色のセイタカアワダチソウ(雑草)にも訪れている蝶を見ました。虫の目では黄色はどんな色に見えるのでしょうか?蜜の匂いに魅かれるのかな?

万博記念公園の「太陽の塔」は工事中

竹林の中にツワブキの花が見ごろです

ツワブキの花に「キチョウ」

ツワブキの花に「ツマグロヒョウモン」

ツワブキの花に「アサギマダラ」 なかなか近くに来てくれませんでした!

セイタカアワダチソウの花に「ヒメアカタテハ」


ツワブキの花で吸蜜しているアサギマダラを見たのは初めてで、今日の収穫でした!